大和市で少人数で葬儀を行う方に向けてのメリットとは?

大和市には数多くの業者があり、ほとんどどの業者も、家族葬のプランを設定しています。家族葬には特に定義はありませんが、一般的には、家族や近親者、特に親しい友人などだけが参列します。ごく少人数でおこなうことになり、祭壇の形式も希望どおり決められますし、宗教関係者を呼ぶ呼ばないも自由です。身内だけの集まりになりますから、しきたりや形式を急いで覚え込む必要がなく、死者を悼むことだけに意識を傾けられるという大きなメリットがあります。本来はそれこそが死者が望むことであり、遺族も願うことだと見られますが、一般葬だとそうはいきません。しきたりに反しないよう、緊急に葬儀の作法などを覚える必要があり、そのことだけが気になって、死者を悼むどころではなくなることもあります。

短期間で、急速に普及した家族葬

家族葬は、身内だけで少人数でおこなう形態で、ここ10年ほどで急激に増えてきました。インターネットが登場する前は、家族葬という言葉自体、存在しませんでしたが、インターネットの普及により、せきを切ったように増え、現在では葬儀全体のおよそ3割を占めるまでになっています。わずかの間にこれほど急速に増えたのですから、多くの人が待ち望んでいた形態であると言えるでしょう。従来型の一般葬は、およそ4割となっていて、もはや横並び意識で一般葬を選ぶ必要もなくなってきています。大和市で家族葬を扱っている業者は数多く、各社ともさまざまなプランを設定しています。基本的なことだけ決めて、あとはオプションとなっているプランも多く、遺族の希望通りにとりおこなえることが多いです。

メリットの大きい家族葬を大和市で

家族葬のメリットは、数多くありますが、身内だけでとりおこなうため、死者を悼むこと以外に、気を遣う必要がないというのが大きいでしょう。一般葬だと、人目を気にしなくてはなりません。しきたりに反しないよう、作法を緊急に覚え込む必要があり、そのことだけで頭が一杯になることもあります。本来、そのようなことは二の次で、死者への気持ちが最優先であるべきなのでしょうが、作法に反しないよう万事とりおこなうことに、より意識が割かれがちです。家族葬なら、そうしたことに気を遣う必要はまったくなく、家族水入らずで最後の時を過ごせます。死者を最優先にした時間が持てるということです。若くして急死したような場合は、一般葬でもいいでしょうが、家族葬がかくも急速に普及したのは、人々の願いをかなえる形態だからでしょう。