大和市で少人数で葬儀を行う方に向けてのデメリットとは?

大和市は神奈川県のほぼ中央にあり、道路網や鉄道網が整っているため交通至便で、東京や横浜に通勤する方が数多くいます。新しく転入してくる核家族も多く、旧来の慣習にとらわれない葬式を望む方が少なくありません。親族一同や職場の関係者を集めて大がかりな告別式をするのではなく、ごく親しい身内だけに見送られたいという方も、近年では増えています。大和市には公営の火葬場をはじめ、大小さまざまな規模の葬儀場があり、ニーズに合わせた葬式を行うことができます。また隣接している横浜市や相模原市の施設を使うことも可能です。民営ホールでは100人を超える規模の葬式から、家族葬や直葬まで、各種のプランが用意されています。安置所や仮眠施設などが整った施設も選べます。

費用の負担は本当に軽くなるのか

大規模な葬式は段取りに追われて忙しく、バタバタしているうちに終わってしまいがちです。大切な人だけで、ゆっくりと故人を送る時間が取れることは、少人数で葬儀を行うメリットのひとつです。また遺族に過大な金銭的負担をかけたくないという理由で、家族葬を選ぶ方も多くいます。葬式は一生に何度も経験するものではなく、費用の基準もはっきしりないことから、高額な料金を請求されることがあります。少人数であれば、希望に合わせて比較的低料金で葬式を行うことができます。ただし大人数だと多額の香典が得られるので、それで葬式費用を賄えるケースがかなりあります。少人数だと香典の収入も少なく、自腹で費用を支払わねばならないため、かえって負担が増える恐れがあることに注意が必要です。

招かれなかった方に理解を求める

少人数で葬儀を行うとき、誰が参加するのかは慎重に検討しなければなりません。親しい付き合いがあった方や、仕事上の重要な関係先を招かないと、礼を失する恐れがあります。招かれなかった方が不満を持ち、後からトラブルになるケースも見られます。どうしても少人数で行いたいときは、あらかじめ関係先に連絡し、そこに至った詳しい事情を説明して、十分に理解を得ておくことが大切です。花輪や香典などについても、受け付けるかどうかを明確にしておく必要があります。大和市の葬祭業者では、同じ少人数の葬式でも、プランに含まれる内容が多岐にわたり、料金にもかなり大きな幅があります。後から追加料金を請求されることがないよう、必要な内容をリストアップし、過不足がないか確認しておきましょう。