大和市で少人数で葬儀を行う方に向けてのサービスとは?

大和市で葬儀を行うなら、大勢の人を集めなければならないというのは既に過去の話になっています。現在でもたくさん人を呼んで盛大に行う葬式が存在しますが、数は以前ほどではなく、明らかに減ってきています。核家族化が進んだことだけでなく、少ない子供たちだけで盛大な葬式を行うだけの経済的な余裕がなかったり、対応が困難という問題があるため、あまり人を多く集めずにごくシンプルな内容で終わらせる家庭が増えてきています。少人数で行う際には家族はもちろんのこと、ごく近い親戚のみが参列しますので、20人前後で行われることもありますし、もっと少ない数の10人以下になることも決して珍しいことではありません。需要に合わせる形で、業者では少人数向けのサービスの取り扱いが多くなっています。

昔のスタイルを維持しながら少人数に対応

通夜や告別式、そして火葬といった流れが昔ながらの一般的なスタイルですが、昔からのスタイルをある程度維持しつつも、少人数で行う大和市での葬儀のやり方があります。家族葬と呼ばれるサービスで、家族と親戚のみが集まって行うのが特徴です。よく知っている家族と親戚のみですので、他人行儀にならずにアットホームな雰囲気の中、葬式が行える魅力があります。公営もしくは民営の斎場で通夜と告別式を2日間にわたって行いますが、その際に僧侶を呼ぶ場合は追加料金扱いか、自分たちで呼んでくるのが一般的です。食事や香典返しに関しても追加料金の扱いが多く、余計なものが省かれたシンプルな内容に仕上がっているものが目立ちます。費用としては50万円以下なのが大半で、40万円台が目立ちます。

必要最低限だけの最も安いサービス

家族葬よりもシンプルにしたい、費用をかけたくないと望むのであれば、火葬式という方法を大和市の葬儀で行ってみましょう。火葬式は必要最低限のことしか行いません。通夜や告別式といった昔から常識であるかのように行っていたものが省かれています。火葬のみが基本です。火葬のみですので、公営の火葬場を使います。市民であれば格安価格で利用できますので、金銭的な負担が非常に少ないのがメリットです。集まる人数は10人以下が目立ちます。家族だけや、親戚の中でもごく近い、少人数しか集まらないのが特徴です。僧侶を呼んだり食事をする、香典返しなどのサービスは含まれておらず、必要に応じて自分たちで用意するのが一般的です。費用は20万円前後が圧倒的に多く、最も低価格な葬式ができるサービスとして人気です。